逗子の家 「森の図書館」 / House in Zushi "Library in the Forest"


 

神奈川県・逗子における個人住宅の計画。

敷地は谷戸と呼ばれる襞状に入り組んだ丘陵地の麓にあり、急峻な山肌からは木々が覆いかぶさっていた。

クライアントの要望は、自宅兼仕事場として「図書館」の片隅に「司書」として住む場所があればよいとのこと。
ゆえにリビング、ダイニングといった室名の部屋はない。住宅として必要な寝室・キッチンなどを階段状に重ね、残りは全て閲覧室と書架に充てている。

全体を包む屋根は、山から覆いかぶさる木々の枝をモチーフに、一寸角の小さな木材を束にして敷き詰めたような構成となっている。山の勾配に合わせるように緩やかなカーブを描きつつ、短手にもほんのりとむくりをつけた柔らかな3次元シェルの構造とした。11mの長さに及ぶ屋根には、切れ込みをいれるようにして窓を設けている。三日月状のスリット窓からわずかに差し込む光は、天候や時間によりゆっくりと移ろう。
数万冊におよぶ蔵書を納めるおおらかな覆いは、静謐な光に満たされた、本と人のための場となっている。

The site is a residential section of a steep foothill, cover with the trees.
The Library in the forest was designed for a couple to live and work at the library. To provide more space for reading and bookshelves, the bedroom and kitchen are placed as compact as possible. There are no room names such as living room or dining room.
The roof, which encompasses the whole building, is composed as if it were made up of a bunch of small square pieces of wood, with the motif of the branches of trees covering the mountain. The roof is 11 meters long and has windows that are cut into the roof. The light shining in through the crescent-shaped slit window shifts slowly, depending on the weather and the time of day.
The Library in the forest is a place for books and people, filled with calm light.


Project Year: 2019
Location: 神奈川県逗子市 Zushi, Kanagawa, Japan

Construction: 大同工業株式会社 / DAIDO KOGYO CO., LTD.

Structural Engineer: 坂田涼太郎構造設計事務所 / Ryotaro Sakata Structural Engineers


掲載:「BRUTUS 居住空間学2020」芸術新潮2020年6月号

Isometric Diagram